➤次々に襲いかかる症状

風の中のピー(?)

きょうは変なことをお話しします。 Pee(ピー:おしっこ)の話です。 自宅のトイレでは決して感じないことなのですが、駅やスーパー、ショッピングモールなど、外のトイレを使う時にどうしても感じる変なことです。 自宅でゆったりソファに座っている時や、…

副腎疲労と歯周病

とにかく体は一つ。部分ごとに見るのではなく、体全体を見る必要がある、というのが僕のドクターの基本的な考え方で、特に副腎疲労を治すプロセスではその考え方がとても重要になります。 そのドクターが、口の状態と副腎疲労について説明していました。特に…

副腎疲労とIBS(過敏性腸症候群)

ドクターから学んだ興味深いことの1つは、副腎疲労とIBSは仲良しコンビだということです。仲良しコンビなどと言うカワイイ言い方はどう考えても合いませんね。 僕に言わせれば悪さをするギャングのコンビと呼んだ方がぴったり来ます。この二つはいつもつるん…

カフェインがコルチゾールを無駄遣いする

副腎疲労と診断されるまで、僕は本当に無頓着で、食べ物にも今のように気を付けていなかったし、健康や人の体について知らないことが多すぎました。 健康な時は、そんなものですよね。何を食べても大丈夫だし、あれは体に悪いとか、これを食べればどんな効果…

回復に必要な三段跳び(上)

副腎疲労症候群からの回復は、いや~それはもう想像以上に長く、複雑で、困難な道のりです。 その大変な道のりの中で、絶対に間違ってはいけないステップがあります。3つのステップ、回復のホップ・ステップ・ジャンプです。 この三段跳びを順番通りにしかも…

ストレスと鬱

僕のドクターは副腎疲労専門なので、ストレスについてはよく話しますが、先日、ストレスと鬱の関係について話をしてくれました。 鬱は、脳内の神経伝達物質が減少してしまったり、バランスを崩してしまうことが原因ではないかと言われています。ドクターは、…

汗をかかないー自律神経崩壊

副腎疲労症候群になって、症状や様々な機能に与える影響について学ぶ中で、一番驚いた事は、この病気が自律神経系を完全に乱してしまうということです。最初は信じられませんでした。 ある時、ドクターとのカウンセリングで体調を説明していた時、ドクターが…

社会性を失ってしまう副腎疲労

副腎疲労症候群レベル3フェーズCからスタートした、長期に渡る回復への旅路は、肉体的にだけでなく精神的にも社会的にも苦難の連続でした。 肉体面で最も目に見えてわかるのは、筋肉がごっそり落ちてしまった事です。筋肉量の約70%を失いました。 毎日通っ…

副腎疲労とブレインフォグ

副腎疲労症候群の中でも重症レベルまで行ってしまった人の体は、とにかく生き残るためにエネルギーを節約しようと、体のあらゆるシステムや機能を減速させます。 肝臓も例外ではありません。 肝臓の働きがスローダウンすると、代謝した老廃物を、健康な時の…

レベル別クラッシュの症状

副腎クラッシュは何らかのストレスによって引き起こされるものです。 何が現在のクラッシュの引き金になっているのかを知り、それが再び起きないようにするため、毎日の生活の中で注意する必要があります。 副腎クラッシュを引き起こす可能性があるストレス…

猛暑に挑むな!

ついこの間、また体調の改善が見られ、コルチゾールが正常に働き始めたという、浮かれたブログを書いたばかりでした。 で、きょうはこんなブログを書くことになろうとは・・・これこそ副腎疲労の複雑怪奇なところです。 夏の暑さは、本当に恐るべき強敵です…

クラッシュのメカニズム

副腎がクラッシュする、という言い方をよくしますが、厳密にはどういう状態でどのようにしてなるのか、ちゃんと突き詰めていませんでした。 ガクッと疲れてしまって、しばらく改善しないほどエネルギーを失い、ベッドで横になってしまう状態、くらいに思って…

なんでも過敏になる副腎疲労 化学物質

女性が付けている甘い香水の香りが大好きだったのに、ある時突然、気持ち悪いと感じたことはありませんか? いつも使っているボディーソープが、ある時、やけに強いと思った事はありませんか? それは化学物質に対する過敏症が始まった可能性があります。 弱…

副腎疲労の一コマ 音に怒り

最近、よく昔を振り返ります。 副腎疲労から長い長い我慢を経て、ようやく回復に向かっていることが実感できるようになってから、つくづく思うことがあります。 あの時、なぜ自分で気づくことができなかったのだろう、なぜ仕事をセーブしようとしなかったん…

副腎疲労は病気じゃないって?なぜ!

副腎疲労が病気とされないのは、副腎そのものに病変があったり、病理的な問題があるわけではないからです。 そして、副腎疲労によって起きる症状は非常に複雑で、現時点では医療的な診断を下す基準に達していないからだと、ドクターは言います。 現れる症状…

カタボリック:異化が招く悲劇 下

副腎疲労が重度になると、ほとんどの人が「異化、または潜在的異化状態」になってしまいます。 自分で自分の体を食べてエネルギーを補充しながら、生きながらえているような状態です。 見た目にすぐわかるのは、筋肉がガタッと落ちてしまうことです。体にも…

カタボリック:異化が招く悲劇 上

重症の副腎疲労を抱えている人にとって、本当に耐え難い症状の1つは「カタボリック:異化」です。 僕は、長い間「異化」状態の中でもがき苦しみました。 ドクターは、「異化状態は、体が生き残ろうと最後のあがきをしている」のだと言いました。 自分の体を…

あのセレブも!副腎疲労になる人とは?

ハリウッドの有名女優である、グウィネス・パルトローが副腎疲労に苦しんでいると発表しました。2017年のことです。 寝ても寝ても疲れがとれない、エネルギーが完全に枯渇してしまい、目の下にはいつも黒いクマ、そして頭がぼんやりして物忘れに悩まされてい…

(副腎疲労は)ダメ、絶対、糖質制限

副腎疲労になると、お腹が出てデブになります。 いつもと同じように生活して、運動もして、食べるものも変わっていないのに、代謝系がうまく働かなくなって、ポッコリおなかになってしまいます。 副腎疲労になっていることなど、その時点ではわからないので…

副腎疲労の影響で肌もボロボロに

副腎疲労になると、肌にも影響が及びます。乾燥してパサパサになってしまいます。 副腎から分泌されるホルモンの一つ、アルドステロンに関連しています。 僕も長い間、肌が乾燥していました。 ドクターによれば、アルドステロンは体内のナトリウムとカリウム…

小さな副腎の大きな仕事

副腎ホルモンは視床下部 - 下垂体 - 副腎軸(HPA軸)によってコントロールされているということをドクターから学びました。 副腎ホルモンだけでなく、50以上のホルモンが関与しているところで、これらのホルモンのうち、どれか一つでも異常を起こせば、疲労…

グー…なんのことかな?知って納得!

副腎疲労というやっかいすぎる病気について学び続けています。やっかいだけど、実に興味深いのも確かです。 副腎という小さな臓器に課された役割の大きさに脱帽するばかりだし、副腎がコントロールする様々なホルモンの脅威的な働きに驚かされます。 そして…

黒板を引っ掻く…あの感じ

副腎疲労と共に3年近く行きつ戻りつの日々を過ごしてきましたが、長い期間にわたって、ずーっと抱えているある症状があります。 寒気がするような、本当に嫌な感じなのです。 それをどう言い表せば伝わるのか、うまく説明できないな…と思い続けて、やっと見…

花粉症もコルチゾール?!

春、花粉症の季節ですね。 いやいや、僕も鼻水、喉のイガイガ、軽い頭痛に見舞われています。 しかし、今までアレルギーなどとはまったく自分には関係のない事と思っていましたが、PM2.5で涙が止まらなくなり、それ以来、花粉症も始まり、副腎疲労になってア…

僕の副腎疲労のおおもとの原因はこれだ

4日前のブログで、副腎疲労を起こす原因について書きましたが、そこで「たった一回の強烈な身体的打撃がきっかけとなる」という話をしました。 僕にはその身体的打撃と言えることがあります。どう考えても、あの瞬間から僕の体はガタガタと壊れ始めたことは…

体内で音叉が震える変な感じ

エネルギーが戻ってきて、スタミナも持続するようになり、回復が現実的なものと感じられるようになってきています。 しかし、まだ改善しないこともいくつかあり、その1つが「体内がバラバラで同時に協調し合っていない」感じがあることです。 内部の均衡がと…

これ絶対大事!副腎疲労のレベルを知る(上)

「副腎疲労」と一口に言いますが、そのレベルによって症状はかなり違いますし、治療のアプローチも異なります。回復に要する時間もまったく違います。 自分が副腎疲労のどの段階にいるのかを知ることはとても重要です。世の中にある様々な副腎疲労に関する情…

指紋認証されず、お金を引き出せない

先日、お金を引き出そうと銀行のATMに行きました。暗証番号だけでなく、指紋認証で本人だと確認されなければ、お金を引き出すことはできません。セキュリティーの面ではとても良いのですが、困った事が起きました。 指紋が認証されず、本人だと認めてくれな…

副腎疲労で血圧上昇?下降?

毎日欠かさず血圧を測っています。最近、ようやく普通の血圧になってきました。 何ヶ月もの間、上は85~90、下は55~60でした。50代の男性にとっては、この数値は低すぎます。 一日中頭がフワフワして、午前中はほとんど眠っているような状態で、何も考えら…

目の下のクマ!副腎疲労か?

副腎疲労が原因で引き起こされる症状は、本当に多岐に渡ります。今日は、見た目に現れる変化について、一つ取り上げてみます。 副腎疲労だと診断されている方、検査でどこも悪くないのに、もう自分の体がどうしようもなくボロボロになっていると感じる方、自…