➤良いきざし

風の中のピー(?)

きょうは変なことをお話しします。 Pee(ピー:おしっこ)の話です。 自宅のトイレでは決して感じないことなのですが、駅やスーパー、ショッピングモールなど、外のトイレを使う時にどうしても感じる変なことです。 自宅でゆったりソファに座っている時や、…

今度はサプリ減量!体が移行中

9月に増やしたサプリメントで、体が落ち着いて体内が調和し始めたような、極めて「普通」な安らいだ感じになりました。 すると今度は、体がサプリに頼らなくても自分でキックスタートできるようにサプリメントを減らすことになりました。 サプリを減らして…

最も「普通」を味わった日

2019年10月の下旬。いつも通り午後9時過ぎにベッドに入り、午前4時頃までほぼ7時間ぐっすり眠りました。トイレに起きてしまいましたが、その後、また1時間ほど眠って朝6時半に起きました。合計8時間は眠った事になります。 ベッドから出ていつも通りの朝がは…

サプリメント増量、その後

先月のドクターとのカウンセリングで、グルタチオンを増量し、新たに肝臓を解毒するサプリメントを始めることになりました。 いつもそうなのですが、新しいサプリメントを始めた時や、サプリの量を増やした時、その日は一日中ぐったりすることが多いのです。…

畳で寝てみたら驚いた!

台風19号が関東地方を直撃した夜、ものすごい雨と風で窓ガラスがミシミシ、ドンドンと音を立てて、割れてしまうのではないかと本気で心配になりました。 僕は通常夜の9時にはベッドに入りますが、ちょうどその頃台風がピークになる時間帯でした。 寝室はバル…

サプリ増量で回復加速なるか?

今年のはじめ、ドクターから「今年はGood yearになりますよ」と言われ、僕は目の前がパーッと明るくなりました。 やっとこの不可解でやっかいな副腎疲労から抜け出せるのか、来年には元の普通の体に戻れるのかと、その日は知らず知らずに顔がニンマリなって…

回復に必要な三段跳び(下)

副腎疲労の重症から回復するために、確実にかつゆっくりと順番を間違えずに踏まなければならない3つのステップがある、という話の続きです。 副腎疲労の回復の三段跳び、きょうはステップとジャンプです。 ステップ2:カタボリックの進行を留めることができ…

血糖値でわかる体の状態

前回のブログで、今試していることは体のキックスタートだという話をしました。 体が強くなっているかどうかを判断する方法の1つは、毎日続けている3回の食事と3回の間食の間隔を広げることです。それで、血糖値が暴れるかどうかを確認します。 ドクターから…

パルス療法でキックスタート!

ゆっくりとした歩みではありますが、ここ数週間で大きな前進がありました。 1.異化状態から抜け出しました。 2.ニュートラルな状態になりました。 3.そしてようやく、同化状態に入ったように思います。 人が“通常の”生活を送るために必要な“普通の”状態に入…

副腎疲労回復の2つの道

自分は回復に向かっているのだろうか? 一体、いつになったら良くなるのだろうか? たとえほんの少しでも良いから、自分は確実に良くなっていると感じられるのはいつなのか? ずっーっとこんな疑問を持ち続けてきました。 みなさんも同じ気持ちでしょう。 副…

最難関を突破!

数日前のことです。体の状態が変化しました。明らかに! 筋肉が仕事を始めた感じです。筋肉に血液やリンパ液が入ってきて、パンプアップされ始めました。 4年ぶりに感じた筋肉です。 このブレークスルーは、4年間続いた異化状態から、約2か月間の中立状態を…

"普通”であることの幸せ

コルチゾールのリズムが戻ってきたことを、先日のブログにも書きました。 そのおかげで、いままでよりパワーが出るようになり、運動能力も増してきました。 集中力や忍耐力も以前より持続できるようになり、理解や判断がかつてのように早く正しくできるよう…

ブレイクスルーでコルチゾールが戻った?!

先月、またブレイクスルーの瞬間が訪れたように確信しています。 今回のブレイクスルーでは、コルチゾールが正常に働きはじめた感じが実感できました。 コルチゾールは、朝起きた時に一番多く、時間と共に徐々に下がってきて、夜になると非常に低くなるのが…

片道1時間の「大冒険」

今年度4月から、まだパートタイム状態ではありますが、できる仕事を少しずつ始めています。 先日は、クライアントとのミーティングがあり、横浜まで足を延ばしました。横浜まで行くのに〝足を延ばし″という表現も大げさだと思われるでしょうが、副腎疲労持ち…

”最高の日”を更新中!

このブログを始めたのが去年の11月頃です。ほぼ半年になります。 2年半以上に及ぶアップダウンの経過をたどり、やっと体調が良い方向に向いてきたことが実感できた頃でした。 回復に向かって順調に進んでいることが感じられたことで、はじめて自分から「何か…

異化状態から抜け出すためのステップ

副腎疲労症候群がかなり進んでしまった人の大部分が、異化状態(または潜在的異化状態)にあるということを先日のブログで書きました。 異化状態をそのまま放っておくのはダメです。体がどんどん弱っていってしまいます。 なんとか異化状態から抜け出す、で…

1年4カ月ぶりにがっつり仕事をした日

今年度から仕事に復帰すると決め、ドクターにも週に2~3日、前後にしっかり休養をとる、ということでゴーサインをもらい、本当に少しずつですが、以前やっていたようなセミナーやトレーニングの講師を再開しました。 ただ、誠に申し訳ない事ではありますが、…

ホルモン放流!

おかしなタイトルですみません。 先月下旬、再びブレイクスルーが起きました。 変な事を言っていると思われるのを覚悟で言います。体内にホルモンが流れはじめたのを感じました。 そんなこと、感じるわけないだろ!と言われるのも覚悟して、もう一回言います…

油断禁物!用心を怠るな

どんなことに関しても、人間がついやってしまうことがあります。それは”あきらめる”ことです。 ダイエットでも、英語の勉強でも、運動でも、早起きでも、あんなに固く決心したのに、「今日だけ」と簡単に怠けてしまったり、「やっぱりこんなこと続けられない…

ついに、頭が空っぽになった

ブレインフォグの状態から抜け出したわけではありません。 頭が何も考えていない状態になったのです。ついに! 小さな会社の経営者として、僕の頭は常に休みなく、いつも何かを考えていなければなりませんでした。 振り返ってみると、副腎疲労になったのも不…

グー…なんのことかな?知って納得!

副腎疲労というやっかいすぎる病気について学び続けています。やっかいだけど、実に興味深いのも確かです。 副腎という小さな臓器に課された役割の大きさに脱帽するばかりだし、副腎がコントロールする様々なホルモンの脅威的な働きに驚かされます。 そして…

新年度、仕事を始めます!

体調の良い日が何日続くか、数えています。 以前は一日気分の良い日があっても、次の日からしんどい日が続く、あの一日は何だったのか?とがっかりする、その繰り返しでした。 体調が本当に悪かった時、比較的気分が良いかな、と感じる日は、3カ月に1回位し…

ビッグプッシュ(大きな一押し)継続中

このブログを読んで下さっている方はご存じの通り、先月からドクターに「ビッグプッシュを始めるよ」と言われ、今もその真っ最中です。 新たにサプリメントを一つ増やし、これがデトックスをものすごく後押ししてくれているようです。 自分の体のことなのに…

本当のブレイクスルー!か?

2019年の2月、この年のこの月を忘れないだろうと思います。副腎疲労との長い闘いの中で、とうとう…本当に…良い事が起きそうな…そんな予感。 2018年の終わり頃、これがブレイクスルーかも?と思った事が何度かありました。 そのことをブログにも書いてぬか喜…

誕生日に、3年前の誕生日をしみじみ思い出す

きょうは、ドリーの誕生日のディナーに出かけた話をします。副腎疲労になってから、僕は何かを予定したり、スケジュールを事前に決めることをしなくなっていました。と言うか、出来なくなったんです。 その日その日の体調によって、できる事を決めていくよう…

穏やかに、しかし着実に解毒中

知れば知るほど、体を洗浄することがいかに大切な事か、よくわかります。デトックスのことです。 グルタチオンで解毒を始めてから、まだ数週間なのですが、肝臓だけでなく、体内の他のシステムにとっても効果抜群です。 体が受け入れる準備ができさえすれば…

副腎疲労 まるでジェットコースター

アップダウンの激しいレールを、右に左に激しく揺さぶられながら、ギャーッと叫んだり、ヒューっと気持ちよくなったりの繰り返し。これこそ、副腎疲労治療中の人がたどる道です。 そのプロセスは、まったくもって簡単な道ではありません。回復に向けて一途に…

勝負の48時間、さあどうだ

風邪のような不快な症状に続いて、手足が凍えるような冷たさが襲ったかと思うと、トイレに駆け込んで巨大なブツを2回出したその直後、嘘のように体調が良くなり、エネルギーが戻ってきて、しっかりと胸いっぱいに呼吸ができるようになりました。詳しくは昨日…

回復に一歩進むための代償

昨日は、風邪のような症状が出ていました。頭痛、鼻づまり、だるさ、体が重い。このような症状は、肝臓デトックスの影響であることがわかっていました。実は、これが起こるのを、首を長くして待っていたんです。 ほぼ3週間前にも、同じような症状がありまし…

ウオーキングで小さな幸せ

大変恐縮です。 あまりにもささやかで、個人的な事ですが、副腎疲労人にとっては大きな喜びですので、思わず書いちゃいます。 もう数年前のことですが、まだ副腎疲労の診断を受ける前の話です。あの頃も、僕はほぼ毎日ウオーキングをしていました。ハードな…