➤良いきざし

4回目のコルチゾール検査へ

きょうは3週間に一度のカウンセリングの日でした。ドクターからいくつか質問されました。 ・すぐに眠りにつけるか、それとも眠るまでに時間がかかるか? ・睡眠の深さはどうか? ・脱毛していないか? ・全体的な体調を1から10で評価すると? ・午前中と午後の…

この5年で最高の日!をまたまた更新

毎日、自分の体調を観察し記録していますが、体の内部がどんな感じか、また筋力についても注意を払っています。 きょうは、自分がやりたい事が何でもできそうな、そんな感じでした。もちろんそんな無茶はしませんでしたが、本当にやってみたらできたかもしれ…

副腎疲労でこんな屈辱

見てやって下さい。 これはフリー画像ではありません。 正真正銘、僕自身のお腹です。 本当にこれが自分の体なのかと、信じることができません。 3年前の姿です。 見るに堪えない。 情けなくて、恥ずかしい。 英語でMuffin Top(マフィンの上の膨らんだ部分…

ヨガのおかげ

副腎疲労の治療を初めてまもなく4年になろうとしていますが、ドクターから2つの運動をするように言われ、それを本当に4年間、一日もさぼることなく続けました。 2つの運動とは、ウオーキングとヨガです。台風の日や真夏日のように外に出られない時には、家の…

パンテチン、副腎のおとも

「パンテチン」聞いた事ありますか? パントテン酸は知っている人も多いと思いますが、パンテチンはあまり聞いた事がありません。が、副腎の健康のために最も重要なビタミンB群の一つなのです。非常に吸収性が高く、生物学的に活性な形のパントテン酸です。…

久しぶり!愛しのマルゲリータ

何年もご無沙汰だった。本当に久しぶり。 あのまろやかでとろける柔らかさと甘酸っぱさ。サクッサクの歯切れよさ。 ずっと待っていた愛しのマルゲリータ。 これが人間の欲なのか・・・。体調が良くなってくると、あれが食べたい、これが食べたいと思うように…

おやつ抜き、絶賛継続中

副腎疲労症候群の治療をかれこれ3年程続けてきて、行きつ戻りつを何度もくぐり抜けながら、回復のプロセスを歩む中で学んだことは、体調が「安定している」ことが何よりも大事なのだという事です。 安定せずに、良くなったり悪くなったり毎日コロコロ体調が…

睡眠は8時間

ここ3週間あまり、20夜のうち14夜を、8時間通してぐっすりと眠ることができました。そしてとても鮮明な夢を毎晩見ています。 以前のブログにも書いたのですが、鮮やかな夢を見るようになると、回復してきているといえるのだそうです。その理由はわからないの…

「きょうからおやつ抜きよ!」 「やったー!」

副腎疲労の治療をはじめてから、毎日6食たべてきました。一日も欠かすことなく、朝昼夕の食事3回、その間に軽食3回の合計6回の食事を続けてきました。 血糖値が落ち着いて来るのに伴って、食事と軽食の間隔を少しずつ伸ばしました。最初は90分だったのが、今…

副腎疲労と自己免疫疾患の関係、そして重曹

ドクターからベーキングソーダ(重曹)を飲むように言われ、飲み始めています。同時に副腎疲労と自己免疫疾患、そして重曹の効果についてもドクターから教わったのですが、これがとても興味深いものでした。今日のブログで、その一部をご紹介したいと思いま…

自分でブルーゾーンを造れば良い

体も心も頭も健康で100歳まで長生きする人が多くいる場所が地球上に4つあります。 その場所を『Blue Zone(ブルーゾーン)』と呼び、ナショナル・ジオグラフィック誌の記者ダン・ビュイトナー氏がそれぞれの場所を訪れ、どんな暮らしを送っているのか調査研…

一歩遅れている日々

体調が回復してくると、今まで気づけなかったことに気づくようになります。 気づけなかった、気づけるゆとりがまったくなかった状況から、脱しつつあるということです。 副腎疲労症候群の重症レベルから抜け出せそうだという段階に来て、自分の周りで起きて…

ポッコリお腹が・・・ん?

ほんの数週間前、ドクターからほうれん草、セロリ、ルッコラなどの野菜を増やすようにと言われ、毎日のコールドプレスジュースに多めに加えるようにしています。抗酸化効果がありデトックスを促進するだけでなく、「血管の拡張、筋肉の弛緩、血流の増加を可…

血糖値が落ち着くということ

2020年1月中旬から、なにやら落ち着きを感じるようになりました。 何が落ち着いたかと言うと「血糖」です。ようやく安定してきて、血糖値スパイクと呼ばれるような状態になることが無くなりました。実感を持って感じられます。何をもって判断できるのかと言…

サプリを抜いて気づいたこと

2020年2月! 時の流れが信じられません。 2015年5月に、ジムで体にまったく力が入らなくなって倒れ込んだあの時から、すごく早かったような、でも同時にとても長かったようにも感じます。 でも、回復している、良くなっている、それだけで僕はハッピーです。…

癒しのWinter Holidays

クリスマスから年始にかけて、どこにも出かけずに日本国内で過ごしました。2年連続です。これは外国人にとってはとてもキツイ事なのです。 普段は離れていても、クリスマスは家族が集まるというのが、僕たちの文化です。これまでは毎年、母国に帰ったり、ハ…

今年も変わらず粛々と

Happy New Year to everyone! あけましておめでとうございます! 今年も僕の副腎疲労との闘いと治療の経験談が、皆さんのお役に立てるよう、書いていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。 さて、副腎疲労人にとっては、大みそかも元日もなにも特…

アクセル踏み込んでます

今朝、ドクターとのカウンセリングがあり、ずっと聞きたかったことを聞きました。 今、僕はどの辺にいて、ここからどこに向かうのか? はっきり言って、あとどのくらいで元の体に戻るのか、ということです。 まず、ドクターから言われたのは、僕がレールの上…

落着きと安らぎ

先日のブログで、4年半で一番“普通”に感じた日のことを書きました。 一番良い気分とか、一番体調が良いとかじゃなくて、「普通」の状態だと感じたのです。特別な思いでした。 また一つゲートをくぐったと感じられました。 サプリメントを増やした後、これま…

ツイッター100人のフォロワーの皆様、有難うございます!

こんにちは。先日このブログと連動しているツイッターのフォロワーが100人に到達致しました。ありがとうございます。数の増減はしょっちゅうありますが、ひとまず100という数字は大変嬉しいことです! 副腎疲労症候群などという非常にマイナーで、かつピンポ…

風の中のピー(?)

きょうは変なことをお話しします。 Pee(ピー:おしっこ)の話です。 自宅のトイレでは決して感じないことなのですが、駅やスーパー、ショッピングモールなど、外のトイレを使う時にどうしても感じる変なことです。 自宅でゆったりソファに座っている時や、…

今度はサプリ減量!体が移行中

9月に増やしたサプリメントで、体が落ち着いて体内が調和し始めたような、極めて「普通」な安らいだ感じになりました。 すると今度は、体がサプリに頼らなくても自分でキックスタートできるようにサプリメントを減らすことになりました。 サプリを減らして…

最も「普通」を味わった日

2019年10月の下旬。いつも通り午後9時過ぎにベッドに入り、午前4時頃までほぼ7時間ぐっすり眠りました。トイレに起きてしまいましたが、その後、また1時間ほど眠って朝6時半に起きました。合計8時間は眠った事になります。 ベッドから出ていつも通りの朝がは…

サプリメント増量、その後

先月のドクターとのカウンセリングで、グルタチオンを増量し、新たに肝臓を解毒するサプリメントを始めることになりました。 いつもそうなのですが、新しいサプリメントを始めた時や、サプリの量を増やした時、その日は一日中ぐったりすることが多いのです。…

畳で寝てみたら驚いた!

台風19号が関東地方を直撃した夜、ものすごい雨と風で窓ガラスがミシミシ、ドンドンと音を立てて、割れてしまうのではないかと本気で心配になりました。 僕は通常夜の9時にはベッドに入りますが、ちょうどその頃台風がピークになる時間帯でした。 寝室はバル…

サプリ増量で回復加速なるか?

今年のはじめ、ドクターから「今年はGood yearになりますよ」と言われ、僕は目の前がパーッと明るくなりました。 やっとこの不可解でやっかいな副腎疲労から抜け出せるのか、来年には元の普通の体に戻れるのかと、その日は知らず知らずに顔がニンマリなって…

回復に必要な三段跳び(下)

副腎疲労の重症から回復するために、確実にかつゆっくりと順番を間違えずに踏まなければならない3つのステップがある、という話の続きです。 副腎疲労の回復の三段跳び、きょうはステップとジャンプです。 ステップ2:カタボリックの進行を留めることができ…

血糖値でわかる体の状態

前回のブログで、今試していることは体のキックスタートだという話をしました。 体が強くなっているかどうかを判断する方法の1つは、毎日続けている3回の食事と3回の間食の間隔を広げることです。それで、血糖値が暴れるかどうかを確認します。 ドクターから…

パルス療法でキックスタート!

ゆっくりとした歩みではありますが、ここ数週間で大きな前進がありました。 1.異化状態から抜け出しました。 2.ニュートラルな状態になりました。 3.そしてようやく、同化状態に入ったように思います。 人が“通常の”生活を送るために必要な“普通の”状態に入…

副腎疲労回復の2つの道

自分は回復に向かっているのだろうか? 一体、いつになったら良くなるのだろうか? たとえほんの少しでも良いから、自分は確実に良くなっていると感じられるのはいつなのか? ずっーっとこんな疑問を持ち続けてきました。 みなさんも同じ気持ちでしょう。 副…