真夏のウオーキング2021

副腎疲労の治療を始めてから、6回目の夏を迎えました。 振り返ってみると、この夏確かに思うことは、去年より、そして一昨年の夏より、この猛暑に体が耐えられるようになっていることです。 格段に違います。 きょうも、気温33度、湿度70%の中、一万歩のウ…

ゴールに照準をあてよう 副腎疲労の原因を突き詰めても意味がない

副腎疲労になってしまったら、なぜ?いったい何が原因だったのか?としょっちゅう考えてしまいませんか? 何か大きな出来事がトリガーになったのか、それとも長い間の生き方や働き方が原因なのか? 僕自身も含め副腎疲労患者は、なぜ副腎疲労なんてものにな…

パルス:波動のように変化していく体調

今朝、いつものように近所をウオーキングしながら、1年ちょっと前から始めたある事を、ふと考えていました。 去年の始め、ドクターに「週に一日、サプリメントを完全に休む日を設ける」と言われ、何曜日にするか選ばなければなりませんでした。一度決めたら…

副腎疲労 VS 甲状腺機能低下症

副腎疲労になると、必ずと言って良いほど起こるのが甲状腺機能低下です。 どちらも疲労感が抜けず、気力もなくなり、思考力が落ちるなど、似た症状が現れます。この症状は、副腎からなのか?甲状腺からなのか?良く分からなくなってしまいますよね。そこでド…

キレーション第2ラウンド開始!

副腎疲労症候群の症状の一つに、脚の問題があります。自分の脚にどうにも力が入らず、走るのはもちろん、歩くことさえものすごくしんどく、足が重くて前に進まない、階段も登れません。それをはじめて感じたのが今から6年程前の2015年、京都に短い旅行に行っ…

プチ断食とジュース

一日2食のプチ断食を始めてほぼ2カ月になりました。 違いを感じ始めています。 体が「これが自分の体だ」と感じ始めているような、そんな感じです。 前回のカウンセリングで、ドクターに「ジュース(野菜のコールドプレスジュースのこと)を飲んだ後、エネル…

ドリー、再び乳がんに 2021年初

今年に入ってすぐ、我が家にまた試練が訪れました。 L and D家は、夫婦2人だけの家族です。だからどちらかが病気になると、もう一人の肩にすべての負担がかかってしまいます。 僕が副腎疲労症候群などと言う奇妙な病気で体調がおかしくなって以来、長い長い…

MMC:伝播性消化管収縮運動でSIBOを予防

一日2食のプチ断食を始めて以来、お腹が「グルグルグルーーーー」っとものすごい音を立てています。ドリーは「お腹すいてるんじゃないの?2食じゃ足りないよ」と言いますが、このお腹の音はお腹がすいている音ではないのです。MMC(伝播性消化管収縮運動)が…

キレーション終わりじゃなかった・・・再開です!

2カ月ぶりのドクターとのカウンセリングでした。 直近の重金属検査の結果について、経過は悪くなかったが、まだ完全に排出できたわけではないので、ここで再度キレーションを始めることになったのです。密かに、僕はもう重金属のことはあまり考えなくても良…

実は一番難しい「副腎を癒す」ことだけを考える事

きょうは、『副腎を癒す』ということに焦点を当てたいと思います。 副腎疲労症候群は、症候群と言うだけあって、色々な症状が群れとなって現れます。お腹が痛い、とか、動悸がするとか、そんな風にシンプルな言葉で表せる症状だけじゃなくて、頭のてっぺんか…

ファスティング(プチ断食)継続中

一日2食のプチ断食を始めてほぼ1か月が経ちました。 この1か月の間に、副腎疲労治療のターニングポイントがあったように思います。 長い治療期間の中で2回目のターニングポイントだと感じています。 1回目は今から1年前。そして今回が2回目です。 それを前回…

10カ月で治るはずが・・・

僕が副腎疲労だという診断を受けたのは、今からおよそ6年前のことです。その時に初めて『副腎疲労症候群』という言葉を知りました。そこからウエブサイトや書籍、動画などで副腎疲労について、毎日毎日、時間があればリサーチをしました。僕だけではなくド…

目は元に戻るのか?

副腎疲労症候群の困った所でもあり、興味深い所は、「副腎」と言いながら、体のありとあらゆる部分に影響が出るという事です。大げさではなく、本当に頭から足の先までです。目も例外ではありません。 過去の記事でも書きましたが、僕は11年半もの長い間、視…

キレーション5カ月、問題の有害重金属はどうなった?

キレーションをほぼ5カ月続け、とうとうドクターからここでストップと言われました。開始当初から結構大変で、何度か一時停止したり、キレーションサプリの量を減らしたりしながら続けてきました。 体調面で良くなったことは、エネルギーレベルがよくなり、…

副腎疲労が引き起こす自律神経失調症、どう対処するか

副腎疲労になってしまった体は、重症になればなるほど、体のありとあらゆるシステムが機能不全に陥ります。 自律神経系も例外ではありません。自律神経系が乱れてしまうと、体には様々な症状が現れ、もう普通の体調がどんなものだったかわからなくなってしま…

なんと!今度は断食始めます

4カ月強続けたキレーションをひとまず終了して、さて次は何か・・・と思っていたら、先週のカウンセリングの終わりでドクターがサラッと言いました。 「断食、できそうですか?」 「んー、分かりませんが、やってみます」と答えました。 断食と聞いて、一体…

キレーション、ここまで!

このブログの中で、5カ月ほど続けてきた重金属のキレーションの途中経過について何度かご報告してきました。 最初はかなり刺激が強く、キレートのサプリメントを飲み始めてわずか数日で、眠れなくなりました。 その後も、なにか変な反応が出てスムーズに進ま…

赤い旗を見過ごすな!口角炎はその一つ

僕が副腎疲労になってしまった経緯を、今落ち着いて、そして以前よりずっと冴えてきた頭で振り返ってみると、体が「気づいてくれー」と、僕に向かって必死に赤い旗を振っていました。しかし、僕はあまりにも忙しくてそんなことに気づかなかったのです。 実は…

皮膚がたるむ(泣)副腎疲労

もう5年半もの間、副腎疲労とともに生きています。 その間、次々に襲いかかる様々な症状について、このブログの中でお話ししてきましたが、今まであまり詳しく取り上げなかった症状が一つあります。それが皮膚がたるむ、という現象です。 僕は若い頃から副腎…

キレーション4カ月経過、どんどん変わる体調

キレーションは継続中です。 最近気づく体調面での変化は、以前はしんどかった朝がかなり楽になり、朝のエネルギーレベルが改善しているということです。ドクターにも聞かれ、普通の状態のほぼ90%程度の体調だと答えると、とても嬉しそうにしていました。 …

副腎疲労と神経伝達物質の話(下)

前回に続き、きょうのブログも神経伝達物質についてです。 今回は代表的な神経伝達物質と、それぞれの役割について説明したいと思います。そして、副腎疲労の体にとって、神経伝達物質の不均衡がどのような影響を及ぼすのか、ドクターの解説と自分の経験から…

副腎疲労と神経伝達物質の話(上)

副腎疲労が引き起こす様々な影響について、このブログで話してきましたが、ふと考えるとあるテーマについてはほとんど取り上げてきませんでした。神経伝達物質についてです。 健康で普通の生活を送っている時には、神経伝達物質がどう体内で働いているかなん…

シリアルでほんのちょっとスイート

きょうのブログは、書いているだけで嬉しくなるような内容です。 最後に甘いものを口にしたのは、今から6年半程前の事です。まだ副腎疲労の症状は始まっていない頃ですが、当時、糖質制限をかなり厳しくやっていました。 お米やパン、麺類などの主食は無し、…

キレーションで再び眠れぬ夜

副腎疲労によってホルモンバランスが完全に乱れてしまった体は、これまで当たり前のことと思っていたプロセスを投げ飛ばしてしまいます。 その一つが睡眠です。 有害金属のキレーションを始めてほぼ4カ月経ちましたが、せっかく普通に眠れるようになっていた…

副腎疲労治療の難しさを改めて思う

副腎疲労コミュニティのメンバーの皆さんがチャットで情報交換している内容を見て、思うことが一つあってブログにしました。 とにかく、リサーチにリサーチを重ね、サプリメントを自分で選び、試し、その結果を細かく分析し、何が効いて、何が効かなかったか…

キレート継続中、無症状になる日は近づいているのか??

体調が改善していくにつれて、こんな時が時々あります。 副腎疲労症候群の症状がきれいになくなったように感じる時です。 「あれっ?変な感じが全然ない!」と、ほんの短い時間なのですが、ほぼ正常になったような瞬間があるのです。 しかしそんな浮かれた束…

こわばる体、ぎこちない動き

これまでこのブログであまり話していない症状の一つが、体がこわばった感じになることです。 目に見えて体がこわばってしまうわけではないのですが、自分だけがわかるこわばりと言えば良いでしょうか。明らかに動きがスムーズではないのです。 これまで数年…

副腎と甲状腺にやさしい食べ物

副腎疲労を抱えている人の多くが、甲状腺にも問題を抱えています。この2つの「腺」は、密接に関わっているのです。 ですが、医学界はこの2つの「腺」の関係性にあまり目を向けず、副腎は副腎、甲状腺は甲状腺、と完全に分けて扱っています。 副腎が問題だと…

一筋縄ではいかないキレーション

キレーションを開始して数週間が経ちました。始める時にドクターから言われていたことは、恐らく何度か「乱気流に巻き込まれるかもしれない」という事です。 乱気流とはどういう事なのか、とにかく体調を注意深く見ながら開始したのですが、早速「これが乱気…

ひとりぼっちの孤独な闘病

副腎疲労は孤独な病。 想像してみて下さい。これほど苦しんでいる状況を、誰にも話せないなんて。話せる人がいたとしても、まったく理解してくれない、共感してもらえないなんて。 副腎疲労コミュニティに新たに参加されたメンバーの方々が、「一人で戦って…