エルは北米出身、日本に来てかれこれ20数年。

ドリーは共同経営者、その後、結婚して現在は僕のワイフです。

おカネもコネもバックグランドもない僕が、日本で起業し、異文化、日々のストレスの中、必死で走り続け、ビジネスも軌道に乗り、これからと意気込んでいたさなかに、心身に現れた原因不明の不調。

疲れがとれない、しんどい、力が出ない、フラフラ、やる気が出ない、歩けない、集中できない。ウツ症状のように聞こえるが、ウツではないのです。

検査をしても原因は不明、しかし体調は悪化の一途。体の色々なパーツが壊れていく恐怖感を抱えたままおよそ2年がたった頃、「アドレナル・ファティーグ:副腎疲労症候群」という聞いた事のない病名(正確には病気と認められていない)を告げられたところから、ようやく治療をはじめました。

治療をはじめてから2年半、歩みの遅い一進一退の日々、その日その日を生きることしか考えられなかった僕が、ようやくここに来て自分の体以外のことを考えられる気力と、活動するエネルギーが戻ってきているのを実感できるようになりました。僕の経験が誰かの助けになればと思い、ブログを始めることにしました。