これ絶対大事!副腎疲労のレベルを知る(下)

副腎疲労の第1ステージ、第2ステージの段階では、本人が体調のあきらかな異変に気づくことはほとんどありません。

そのために多くの人が、そのままがんばってしまい、上のステージに進んでしまうのです。

ステージ1は、普通の生活でもよくあるようなちょっとストレスを感じるイベント、例えば、学生なら入学試験とか、社会人なら取引先の前でプレゼンをするとか、クレームが来てお詫びに行かなければならないとか、資格試験を受けるとか、そんなよくあることで体が受けるストレスに対し、体内で起きている反応です。

だから、そのストレスから解放され、体を休ませ、気持ちを切り替えてリラックスできれば、ステージ1から戻り、本人が気づかないまま、副腎もまた正常な状態に戻っているわけです。

しかし、ずーっとストレスを受け続け、それもかなり強いストレスで毎日毎日そのことで悩み苦しんだり、腹を立てたりするような状態が続いた場合、ステージはどんどん上がっていきます。きょうはステージ3と4について話します。

ステージ3:副腎枯渇期

ステージ3になって、体の異常に気付かない人はいないでしょう。様々な部分、臓器、骨、関節など、体のあちこちに不調が現れてきます。

これは、あなたの目を覚ますためにけたたましく鳴っている目覚まし時計なのです。ここで絶対に行動を起こすべきです。

wake up call

ステージ3は、絶え間なく襲い続けるストレスに対し、ますますコルチゾールが必要とされているのに、副腎はもはやその需要に生産が追いつかず、疲れ果ててしまいます。コルチゾールの生産量は減少し始めます。

この段階に入ると、体はもう生存することだけを目的として、エネルギーをなんとかセーブしようとします。

そのため、体のあらゆる部分は省エネモードに入り、エネルギーを補給するために筋肉を分解し始めます。これが異化です。

この異化が起きると、筋肉が破壊されてしまうため、力が出なくなり、重い物を持ち上げたり、力を必要とする作業がつらくなったり、運動もできなくなり、いつも疲れているような状態になります。線維筋痛症が現れることもあります。

代謝が悪くなるため有毒物が蓄積し始め、ブレインフォグの状態になるのもこの時期です。眠れなくなり、鬱っぽい状態になってしまいます。

ステージ3には4つのフェーズがあります。

フェーズAでは、1つの器官に関係するシステムの機能が下がり、それが慢性化します。

フェーズBまで進むと、より多くの器官を巻き込み、複数のホルモン調節がうまくいかなくなってしまいます。副腎、甲状腺などのホルモンに影響を及ぼします。

フェーズCはかなり深刻で、あらゆる機能が低下してしまいます。体の恒常性を保つために、緊急修復システムが働き、限られた機能だけでなんとか自分の体を修復しようとして、低血糖、血圧不安定、動悸、パニック発作、不眠、倦怠感、脱力感、甲状腺機能低下、自律神経系の不調、そして副腎のクラッシュが起き、このまま進行すると副腎不全の状態になりかねません。

フェーズDは、副腎がほとんど機能していません。体はただ生存するためだけに、重要ではない機能を次々にシャットダウンします。

残っているエネルギーは生存するためだけに使うため、他の部分でエネルギーを使うことをしなくなり、その結果、消化器系、代謝システムも悪くなります。熱意を失い、集中力もなくなってしまいます。

ストレスと闘うホルモンを作るため、他のホルモンには犠牲になってもらいます。DHEAやテストステロンなど性ホルモンはガクンと下がるため、性欲はなくなってしまいます。

動くこともやめ、ほとんどベッドの中で一日中過ごすような状態になり、トイレに行く時と、何か食べる時だけ動くという感じです。

こうなると、当然仕事などできません。毎日電車に乗って会社に行き、8時間働けるはずがありません。

この状態は数ヶ月あるいは数年も続く可能性もあります。

lying down

ステージ4:副腎不全

さらに進んでステージ4まで来ると、あまりにも重い症状が出るので、ほとんどの人は病院で診てもらうはずです。

だから最悪の事態になることは多くはないと思いますが、もし万一、この段階でも何も治療せず放っておいた場合には、副腎は完全に機能しなくなってしまい、副腎不全の状態で、心臓循環器系の機能も弱まり、命の危険さえあります。

副腎不全の状態とアジソン病はその原因は違いますが、最終的に起こる症状が似ているため、アジソン病とのあきらかな違いがわからなくなってしまう可能性もあります。

症状としては、突然現れる腰やお腹の激痛、嘔吐、下痢、脱水、低血圧、意識を失うこともあります。

あらゆるホルモンの数値が低下し、神経伝達物質のレベルも低くなります。

burn out

ステージ1~2とステージ3~4ではあまりにも大きな違いがあります。体の状態、機能している器官など、その段階に合わせた治療でなければ、効果がありません。ステージ2の人にはとても良い方法でも、ステージ3の人には逆効果や有害になってしまうこともあります。

だから、「副腎疲労には〇〇が良い」などと、ひとくくりにして何かを断言することはとても危険なのです。そういう情報がとても多いです。

自分が副腎疲労のどのレベルにいるのか、しっかり把握することはとても重要です。