これ絶対大事!副腎疲労のレベルを知る(上)

「副腎疲労」と一口に言いますが、そのレベルによって症状はかなり違いますし、治療のアプローチも異なります。回復に要する時間もまったく違います。

自分が副腎疲労のどの段階にいるのかを知ることはとても重要です。世の中にある様々な副腎疲労に関する情報、どんな症状か、副腎疲労に良いサプリや運動、マッサージや鍼などの施術が良いか悪いか、除菌やデトックスの方法や是非など、自分の体の状況と合っていなければ、参考にならないだけでなく、効果もないし、むしろ害になってしまうことも有るからです。

internet

僕もかつて、ネットやYou Tubeで検索しまくって、副腎疲労に良いと言われたサプリを試しましたし、鍼治療やサウナなどもハワイの医師に良いと言われ、信じて熱心に通っていました。でも、すべて今のドクターにすぐやめるように言われたのです。

自分の体の状況にまったく合っていなかったため、大きな負担となってしまっていたのです。その結果、副腎をさらに疲れさせてしまい、体調が悪化してしまいました。

acupuncture

僕は、2016年にドクターAの治療を受け始めた当時、ステージ3のフェーズCと言われました。

皆さんは、今どのステージにいますか?唾液のコルチゾール検査の数値からだけでは判断できません。

副腎疲労を専門に見ている医師の診察を受け、自分の体調や様々な症状をすべて総合的に判断して、どのレベルにいるのかがわかります。

副腎疲労は4段階に分けられています。

ステージ1はアラーム(警告)反応期と呼ばれ、ステージ2は抵抗反応期と呼ばれます。この2つの段階では、本人が気づくことさえ無いことがよくあります。

ステージ1はほとんどの場合、特に症状は現れませんし、ステージ2も症状は非常に軽いものです。

ステージ1~2の段階で、きちんと休息を取って、食生活を見直し、生活習慣を変えれば、それほど苦労せず回復できると言われます。

しかし本人が体の変化に気づかないのだから、ステージ1~2は見逃されてしまうことも多く、そのままストレスを受け続けてしまうと、次の段階に進んでしまうのですね。

stress

ステージ1:アラーム(警告)反応

疲労度はとても軽く、朝、目が覚めた時や、午後の3時前後に感じる程度です。気になるほどの体の不調はなく、普通に生活できますし、仕事にも支障はありません。

誰でも、朝起きた時はだる~いと思うし、午後の中盤になると、ちょっと横になりたいなーという感じになりますよね。だからこの段階で、気づく人はほとんどいませんね。

でも副腎は、確かにストレスを感じて反応しているのです。コルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリン、DHEA、インスリンといったホルモンを増やして、ストレスに対抗しています。

コーヒーを飲まないと頭が冴えない、エナジードリンクなどをよく飲むというような場合、副腎疲労が密かに始まっている、という可能性があります。

それから、インスリンも関係してくるので、血糖値が安定せず、低血糖ぎみでなんとなくだるい状態になるのですが、そこで甘いケーキを食べたり、砂糖を入れたコーヒーや炭酸飲料などを飲んだりすることで、血糖値が上がり、エネルギーを感じてまた元気になる、ということもよくありますよね。

ちょっと疲れたからコーヒーと甘いお菓子で小休止、こんなことはごくごく日常的なことで、誰も自分の副腎がどうなっているかなどと考えたりしません。ほとんどの人が、気づかないうちにステージ1に入ったり出たりを繰り返すのだそうです。

coffee and donuts

ステージ2:抵抗反応

ストレスを受ける状況が続き、ステージ1から回復することができないまま、さらに副腎を追い込んでしまった場合、体がストレスと闘うために必要なコルチゾールを出し続けることがきつくなってしまいます。

疲れをはっきりと自覚するようになり、一晩寝てもまだ疲れがとれていない感じになります。

それでも日々の生活は普通に送ることができますし、毎日仕事にも行けます。ですが、能率や精度が落ち、仕事が終わる頃には疲労がピークに達しています。

寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めてしまったりして睡眠の質が悪くなり、朝、起き上がるのがつらくなります。

疲れがとれない、仕事がうまくいかない、など不安感が大きくなり、ちょっとしたことで腹が立ったり、イライラしてしまいます。

女性の場合は、PMSがひどくなることもあります。

必要なストレスホルモンを補充するため、性ホルモンなど他のホルモンが本来の自分の仕事を置いておいて、ストレスホルモンの手助けをするようになるため、性欲が落ちてきます。

免疫力が弱くなって、風邪などの感染症にかかりやすくなりますし、一度かかったらなかなか回復しません。

副腎、すい臓に続いて、甲状腺の機能にも影響が及び、機能低下の症状が現れます。

このような症状が出てきたところで、病院に行く人が多いのですが、血液検査も、ホルモン検査も、その他の症状が出た体の各部の検査を受けても、正常値の範囲内でなにも問題が見つかりません。

「ストレスでしょう、リラックスするように」と言われてそのまま家に帰されるか、鬱の傾向と診断されて抗鬱剤が、眠れるようにするために睡眠導入剤、PMSの重い女性にはその症状を抑えるために低用量ピルなどが処方されるわけですが、これでは何の解決にもなりません。

本当の問題はまだ見つけられないままなのです。

異常にテンパって、変に過敏になってしまうくせに、夕方以降はスタミナがなくなって、能率も持続力も大幅にダウンしてしまうというパターンで、ますますコーヒーが必要な状態になり、一日に何杯も飲んでしまいます。

このまま進んでしまうと、ステージ3に。いよいよ危険な段階に入ってしまいます。

続きは明日のブログで。